主婦だから悩む

主婦がヘアメイクの仕事をするには?資格は必要?かかる費用や時間について調べてみました

ヘアメイクが大好きな人であれば、ヘアメイクに関連する仕事ができたら素敵ですよね。

人の雰囲気や印象をがらりと変えたり、人の素敵なところを引き出すことができるのが、ヘアメイクの仕事のとても楽しいところです。

なによりも綺麗にヘアメイクをすることで、お客様の喜ぶ顔を見られるのがとてもやりがいがある仕事です。

この記事では、主婦がヘアメイクの仕事をするにはどうしたらいいのか、資格は必要か、ヘアメイクを学ぶためにかかる費用や時間について調べてみました。

そもそも「ヘアメイクの仕事」ってどんな仕事?

ヘアメイクの仕事ってどんな種類があるでしょうか?

実はヘアメイクの仕事ってけっこう多いんです。

  • 写真館のアシスタントスタッフ
  • 雑誌・広告・TV・イベント・CM等のヘアメイクアシスタント
  • 証明写真のヘアメイク
  • ブライダルのヘアメイク
  • 成人式のヘアメイク

WEBで検索してみると、ヘアメイクの求人がたくさん出てきます。

いくらヘアメイクが好きだからといっても、未経験で今から仕事にできるのか疑問に思う人も多いかもしれません。

でも本当に「ヘアメイクの仕事をやりたい」という気持ちがあるのならば、いつからスタートしてもいいんです。

好きなことを仕事にできないままで人生が終わってしまったら心残りではありませんか?

カーネルサンダースがケンタッキーフライドチキンの前身であるカフェを始めたのは40歳の時だし、ケンタッキーフライドチキンとしてフランチャイズ展開をし始めたのは60歳すぎのことです。

やりたい気持ちと情熱があれば必ず道は開けます。

ヘアメイクの仕事をするのに資格は必要?

ヘアメイクの仕事をするのに、資格は必要でしょうか。

結論から言うと、資格がなくてもヘアメイクの仕事はできます。

でも、これからヘアメイクの仕事を目指そうと思ったら、仕事を始める前にヘアメイクについて学んでおくべきです。

ヘアメイクについて何も知識がないまま情熱だけで仕事をするのは大変です。
少しでもヘアメイクについての知識と技術を持っていた方が、即戦力として働きやすくなりますし、雇われやすくなります。

ヘアメイクの求人に応募して仕事に採用してもらえるか不安な人こそ、ヘアメイクを学びましょう。

ヘアメイクを学ぶのにかかる費用や時間は?

ヘアメイクについて学ぶためにかかる費用や時間はどのくらいでしょうか。

ヘアメイクを学ぶ費用は、通信・スクールに通うなどの勉強の方法によって変わってきます。

通信講座 
費用:180,000円(ニューヨークアカデミー ヘアメイクコース)
時間:12ヵ月

スクール
費用:256,500円~(アフロート&メイクアップスクール)
時間:3ヵ月~

ヘアメイクは、独学よりも通信講座やスクールに通って技術を身につけながら学ぶのが理想的です。

実践的な技術を身に着けるために、通信講座よりも通学制のスクールによる講座のほうが数多くあります。

ヘアメイクはどこで学べばいい?

ヘアメイクはどこで学んだらよいのでしょうか。

ヘアメイクを学ぶスクールを探すには、ビューティー資格ナビ ヘアメイクでの資料請求がオススメです。

ューティ資格ナビ ヘアメイクなら、気になるスクールを全て一括で資料請求できます。

何度も自分の住所や名前を入力する必要がありませんので、簡単に資料請求が完了します。

好きなヘアメイクを仕事にしよう

女性であれば、メイクやヘアアレンジが大好きな人も多いですよね。

新しい化粧品をチェックするのも楽しいですし、毎日ヘアアレンジを変えたり化粧を少し変えるだけで、気持ちもあがるし楽しい気分になれます。

そんな楽しいヘアメイクが仕事にできたらとてもいいですよね。
好きなヘアメイクを仕事にできている人は、イキイキと輝いています。
目の輝きが違います。

好きなヘアメイクを仕事にできたら、四六時中好きなヘアメイクに関連することをしていられるので、自分がいつもハッピーになれますし、
仕事で辛いことがあっても粘り強く乗り越えられます。

そして何よりも好きなことをしてお金をもらえるなんて最高です。

少しでもヘアメイクを仕事にしたいと思っているなら、ヘアメイクを仕事にするための行動を起こしてみましょう。

ビューティ資格ナビ ヘアメイクで資料請求をして、好きなヘアメイクを仕事にするという自分の夢に一歩近づいてみませんか。

今何もしなければ、後悔することは間違いありません。

ずっと「ヘアメイクを仕事にしたかったのに」という残念な気持ちをこれから一生持ち続けることになってしまいます。

育児がひと段落して自分の時間が持てるようになった今、自分のやりたいことにチャレンジする最後のチャンスです。

きちんとヘアメイクを学ぶことで、ヘアメイクの知識を普段の自分に取り入れることもできます。

学んだ知識と技術で自分もどんどんキレイになれるので、学び始めるなら早めのほうがいいですよ。

ビューティー資格ナビ ヘアメイクで資料請求してみる