主婦だから悩む

嫉妬?焦り?仕事を始めたママ友のことが羨ましいと感じたらすべき3つのこと

管理人
管理人
こんにちは!主婦のマナミです。

仕事を始めたママ友が羨ましいと感じることってありますよね・・・。

この記事では、仕事を始めたママ友が羨ましいと嫉妬してしまう人に、試してほしい3つのことを紹介していきます。

誰にも言えない嫉妬は電話で吐き出そう/


身近な人に言いづらい嫉妬は【電話占いヴェルニ】に打ちあけてみてください。

「占い」という名前ですが何でも相談できる電話相談です。ママ友への嫉妬心をさらけ出せば、それだけで心が軽くなります。

しかも相手は相談ごとのプロなので、前に進めるヒントが見つかるはずです。今すぐ悩みを手放す⇒

仕事をはじめるママ友たち

子どもの入園や進学にあわせて、ママ友のなかには仕事を始めた人もいるのではないでしょうか。

ママが仕事をはじめる時期

  • 育児休暇の終了
  • 子どもの入園・入学
  • 子どもが小学校高学年になったら
  • 子どもが中学生になったら

ママが仕事をはじめる時期は大きく分けると、上のようなタイミングのことが多いですが、実際のところは人それぞれだったりします。

ママ友が仕事を始めたことを聞いて、羨ましい気持ちになる人は多いのではないでしょうか。

羨ましいという嫉妬心だけではなく、寂しさ、焦りなど、複雑な心境になりますよね。

人によっていろんな感情が出てくると思いますが、ママ友の仕事復帰で複雑な心境になってしまうワケを次のところで考えていきます。

ママ友の仕事復帰への複雑な心境のワケ

ママ友から「仕事を始める」と聞いたときに、心がもやっとザワつく人も多いのではないでしょうか。

「羨ましい」だけではなく、「寂しい」「焦り」などの、複雑な感情が芽生えてしまうのはなぜなのでしょうか?

ママ友が仕事を始めたときに感じる、複雑な心境を整理してみました。

会う頻度が減るので寂しい

ママ友から「仕事を始める」と聞いたときに出てくる1つめの感情は「寂しい」です。

ママ友が仕事をはじめると、忙しくなるのでなかなか会えなくなります。

今までカフェに一緒に行ったり、子どもも交えて遊んだりと、一緒に楽しい時間を過ごしていたのに、その時間が無くなるかと思うと寂しく感じるのです。

これまで一緒に過ごしていた時間が長い人ほど、寂しいという感情が強く出てくるのではないでしょうか。

ママ友と会えないと、だんだん疎遠になってしまいそうで不安な気持ちにもなるものです。

自分も仕事がしたいから嫉妬

ママ友から「仕事を始める」と聞いたときに出てくる2つめの感情は「嫉妬」です。

ママ友が仕事を始めると、うまく仕事を探して就職を決めたママ友への「羨ましい」という嫉妬心が芽生えます。

「自分もいつかは仕事をしたい」と思いつつもまだ行動できていない人や、実際に求人をを探しているけど働きやすい求人が見つからない人、就職活動がうまくいってない人は、特に仕事を始めたママ友が羨ましく感じてしまうものです。

もしもママ友が看護師や薬剤師などの専門職であれば、すぐに仕事が決まる資格を持っていることに対しても嫉妬してしまいます。

先を越されたようで焦る

ママ友から「仕事を始める」と聞いたときに出てくる3つめの感情は「焦り」です。

ママ友が仕事を始めると、なんだか自分がおいていかれたように思えて劣等感からくる焦りを感じます。

自分がおくれをとっていることを実感して、今の「仕事をしていない自分」と、「自分が行きたい場所に到達した友人」を比べてそのギャップを感じて焦るのです。

まだ仕事をはじめられていない自分に、不甲斐なさも感じていることでしょう。

「自分も早く仕事をはじめなければ」と強く思うことから、焦りの感情がわきでているのです。

自分が取り残された虚しさ

ママ友から「仕事を始める」と聞いたときに出てくる4つめの感情は「虚しさ」です。

ママ友が仕事をはじめると、まるで自分が取り残されたような感じがします。

今まで自分と同じ「ママ」という立場の仲間だったママ友が、自分とは違う世界に行ってしまったように感じる気持ちです。

まるで、自分がおいていかれて、見捨てられたような感じです。

悲観的になりすぎて、なんだか自分の存在まで否定されているように感じてしまう人もいるかもしれません。

仕事を始めたママ友が羨ましいと嫉妬してしまう人のすべき3つのこと

仕事をはじめたママ友のことが「羨ましい」と嫉妬してしまう人は、自分のやりたいことを考えて自分のことに夢中になりましょう。

ママ友に嫉妬している暇がないほど、自分のことで忙しくすれば良いのです。

まずは嫉妬してしまう気持ちを吐き出そう

嫉妬でモヤモヤした気持ちを持ち続けるのって辛いですよね。

仕事をはじめたママ友への嫉妬してしまう気持ちは、一度すべて吐き出してしまいましょう!

自分の気持ちを言葉にして全部はきだすと、気持ちがスッキリします。

でも思っていることを素直に話してしまうと「性格が悪い」「意地悪なことを考えている」とか思われてしまいそうで、なかなか身近な人に話せない人はたくさんいるかもしれません。

そういう「身近な人で、気持ちをさらけ出せる人がいない」という人に便利なのは、電話相談窓口の【電話占いヴェルニ】です。

電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
  • AM9:00~翌AM5:00まで毎日いつでも相談できる
  • お役所仕事ではない親身なサービスが受けられる
  • 電話だけでなく、メールで相談もできる

相談する先生の選び方は、自分と似た悩みの人の口コミを参考にしたり、悩み別検索の機能を使ったり、スタッフに紹介してもらうこともできます。

ちなみに、こんな口コミがあります↓

このように、「元気になれた」とか「明るくなれた」とかの口コミのある先生を探して選ぶと良いでしょう。

有料にはなりますが、今なら新規登録特典として最大2500円分のポイントもらえ、先払い方式を選べば無料ポイント分だけ使って終わりにすることもできます。

電話で相談すれば、自分のイヤな感情を手放すことができて気持ちが楽になれます。

今すぐ嫉妬を手放す⇒

資格や即戦力を身につける

仕事を始めたママ友が羨ましい人は、資格取得や即戦力を身につけるのも良いでしょう。

「子どもが小さくて、まだ外に働きに出られない」という人は、特に今のうちに資格取得を目指して勉強しておくと後々役に立ちます。

資格取得のための勉強に忙しくなれば、ママ友のことなんて気にならなくなります。

没頭するのが目的であれば趣味の資格でもいいのですが、できたら仕事につながる資格を取得すると良いでしょう。

≫通信講座で資格の勉強⇒

また、即戦力をつけたい主婦におすすめなのがプログラミングを学ぶことです

プログラミングを学ぶなら、主婦におススメなのはオンラインで学べるCodeCamp(コードキャンプ)です。

プログラミング未経験・初心者でも学べるカリキュラムが組んであり、完全マンツーマンなので自分のペースで学べます。

また、スクールに通うよりも安い金額でレッスンを受けられ、スクールに通う時間も交通費もいりません。

プログラミングができるITエンジニアになれれば、普通のパート・アルバイトよりも稼げますし、エンジニアの需要は高いので就職先に困ることはなくなります。

看護師や薬剤師に負けないぐらいのスキルを、今からでも身につけられるのです。

受講コースの相談もできるので、無料体験レッスンを一度受けてみるとよいでしょう。

仕事をはじめてみる

仕事を始めたママ友が羨ましい人は、自分も仕事をはじめてみるのも一つの方法です。

すでに求人探しをしている人は、もっと本腰を入れて仕事を探してみましょう。

ママ友が仕事を始めたことで嫉妬してしまう人は、「自分もいつかは仕事をしたい」と心の奥底で強く思っています。

「自分はずっと専業主婦でいい」と納得している人は、ママ友が仕事復帰したとしても羨ましいとは思いません。

ブランクのある主婦が仕事をはじめるなら、派遣登録をすると働きやすいです。

派遣なら、時短の仕事や、週3・週4などの仕事などの、主婦が働きやすい求人があり、普通のパートよりも高時給です。

ですが、主婦が働きやすい求人はかなり人気ですし、主婦が働きやすい求人の数は一般の求人と比ると多くはありません。

だから、2・3社の人材派遣会社に登録して、同時並行で求人を探していくと、自分に合った求人を見つけやすくなります。

派遣会社は同時に数社登録するのはまったく問題ありませんし、1社しか登録していない人は少なく、数社登録して仕事を探している人がほとんどです。

マイナビスタッフ

マイナビスタッフ
  • マイナビグループで安心
  • 事務の求人情報が多い
  • 派遣だけではなく、転職支援・人材紹介もあり
  • 本登録はかならず拠点(8ヵ所)

マイナビスタッフに登録して仕事を探す⇒

ランスタッド

  • 世界に展開している人材サービス
  • オフィス系派遣の求人が多い
  • 136拠点もある
  • 完全在宅でできる派遣がある(登録も在宅でOK)

【ランスタッド】はマイナビスタッフと同様に女性に人気のオフィス系派遣の求人数が多いです。

マイナビスタッフよりも日本では知名度が低いかもしれませんが、実はランスタッドは世界的に人材サービスを展開していて、日本の拠点は138もあります。

しかも、完全在宅でできる派遣もあるので、自分のライフスタイルに合った求人が見つかりやすいでしょう。

ランスタッドに登録して仕事を探す⇒