薬剤師

日本調剤に転職したい!薬剤師の年収やボーナスは?求人の探し方と転職成功のための3つのポイント

「中途採用で日本調剤に転職したいな」と考えている薬剤師の人はたくさんいます。

転職したい気持ちがあるけれども、実際にどうしたら日本調剤に転職できるのかわからないし、本当に採用されるのか不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、日本調剤に転職したい薬剤師が、どのように活動すれば転職を成功させることができるのかについて調べてまとめてみました。

日本調剤ってどんな会社?

会社概要

日本調剤の会社概要について調べてみました。

名称  日本調剤株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1グラントウキョウノースタワー37階
会社設立 2008年8月21日発足
資本金 39億5302万円
事業内容  保険調剤薬局チェーンの経営
従業員数 4,075人(2018年3月期・連結)

日本調剤公式ページより

事業内容

日本調剤は調剤薬局事業を手掛けていて、店舗は全国に601店舗あります。(2019年6月時点)

日本調剤は日本調剤グループ企業のうちの一つで、ほかのグループ会社はつぎのとおりです。

  • 日本ジェネリック株式会社(医薬品製造販売事業)
  • 長生堂製薬株式会社(医薬品製造販売事業)
  • 株式会社日本医薬総合研究所(医療コンサルティング事業)
  • 株式会社メディカルリソース(派遣紹介業)

女性が働きやすい日本調剤

日本調剤は福利厚生が充実していて女性が働きやすい環境が整っています。

育児休業の取得率は100%で、保育園に入れない場合は子どもが2歳になるまで延長することができます。

育休から復帰する女性の割合は95.2%で、育休があけたら子どもが就学前までは最大2時間まで1日の働く時間を短くできる育児短時間勤務制度を利用することができます。

また、子どもが未就学の場合は、子どもが病気で看病が必要な時や予防接種・健康診断のために1年間に5日まで看護休暇として仕事をお休みすることができます。

日本調剤公式ページより

さらに介護休暇・介護休業の制度も整っているので、これから親が高齢になる世代にとっても安心して働くことができます。

日本調剤で働く薬剤師の給料・年収・ボーナスは?

日本調剤の採用情報と、薬剤師の大手転職サイトであるマイナビ薬剤師の求人情報から、 日本調剤で働いた場合の薬剤師の給料と年収・ボーナスについて調べてみました。

中途採用(正社員):月収25.0万円~50.0万円程度
年収400万円~500万円程度(24歳~30歳モデル)
ボーナス:年2回(7月、12月/平均5.75ヶ月分)

パート:時給1,800円~

パート・アルバイトの場合は、仕事をする時間帯や店舗によって時給が変わってきます。

シフトが入りにくい時間帯や、土日祝日の勤務は時給が高めに設定されていることがほとんどなので、パート・アルバイトでも、時給が高い時間帯を狙って仕事をすれば効率よく稼ぐことができます。

正社員の場合の給料や年収は、経験や年齢によって変わってきますので、しっかり自分の経験を面接時にアピールできると転職で年収アップをすることも十分可能です。

パートでも社員登用の可能性あり

日本調剤でパートで働いている人には社員登用の制度があります。

勤務態度や仕事ぶりを評価されれば社員になれる可能性もあるので、フルタイムで働くのが難しい人はまずはパートから始めると良いでしょう。

薬剤師が日本調剤への転職を成功させるための3つのコツ

まずは日本調剤の職場がどのようなところなのか、面接前に確認することが大切です。

実際に日本調剤の現場へと行ってみましょう。

働いている人の表情は生き生きとしているのか、来客が多くて忙しい時間帯や落ち着いている時間帯など、違う時間帯で店舗の様子を観察してみると、実際に働き始めた時に理想と現実とのギャップで悩むことはありません。

そして、日本調剤への転職を成功させるためには次の3つのポイントを押さえましょう。

  • 応募先の会社が何を求めているのかを把握する
  • 自分のどんな経験が活かせるのかを考える
  • 情報収集をしっかりする

日本調剤がどんな人材を求めているか把握する

まずは応募先の日本調剤がどんな人材を求めているのかをしっかり把握することが大切です。

日本調剤が求めている人材がわかっていれば、企業との面接時に自分をどう魅せればよいかという戦略を立てることができます。

応募先の会社が求めていないポイントをアピールしていては採用されるのはとても難しいです。

だから日本調剤が求めている人材像をしっかりわかった上で履歴書や面接対策をすることで、採用を勝ち取ることができるといえます。

自分のどんな経験が活かせるのかを考える

中途採用で日本調剤に転職したいのであれば、薬剤師としての今までの経験を新しい職場でどのように活かすことができるのかについて考えることが重要です。

これまで薬剤師として働いてきた自分の知識やスキルをまとめて、その自分の経験を新しい職場でどのように活かすことができるのかを面接でしっかりアピールできるようにしましょう。

情報収集をしっかりする

日本調剤への転職を成功させるためには情報収集をしっかりすることが大切です。

人気の求人情報が公開されると応募は殺到してしまいます。

人気の日本調剤の求人はすぐに募集を締め切られてしまうことが多いので、求人情報には常にアンテナを張っておく必要があります。

希望する求人情報が出たらすぐに情報をキャッチできる状態にしておかないと「知らないうちに募集が終わっていた」という残念なことになってしまいます。

転職エージェントを利用して転職活動を始めよう

自分ひとりだけで転職のために必要な情報収集をするには限界があります。

効率よく情報収集するためには、転職エージェントの力を借りましょう。

転職エージェントでは、一般に公開してない非公開求人を持っていて、非公開求人はかなり条件が良い人気の仕事であることがほとんどです。

転職エージェントへの利用登録をしておくと、非公開求人を他の求職者よりも優先的に知ることができるため、いち早く求人に応募することができます。

また、転職エージェントでは応募先の会社へ提出する履歴書を添削してもらえたり、面接対策をしてもらえるので、自信をもって面接に臨むことができるようになります。

それから、自分からは言い出しにくい給料アップなどの交渉についても、転職エージェントを通じて企業へと打診することもできるので、より良い条件で働ける可能性が高くなるのです。

日本調剤への転職を成功させるならマイナビ薬剤師に相談しよう

日本調剤への転職を成功させたいと思う人は、たくさんある転職エージェントの中でもマイナビ薬剤師を利用することをおススメします。

  • 日本調剤の求人情報がある
  • 転職サポート力がとても強い
  • 他の薬剤師転職エージェントよりも求人数が群を抜いて多い
  • 職場の内部事情を把握している

マイナビ薬剤師はほかの薬剤師転職エージェントよりも取り扱い求人数がとても多く、日本調剤の求人数だけでみても、数ある転職エージェントの中で一番多いです。

実際に多くの求職者を日本調剤へと内定させた実績もあるので、日本調剤転職したい薬剤師が必ず押さえなければならないのがマイナビ薬剤師だといえます。

マイナビ薬剤師では薬剤師が日本調剤へ応募するときにつまずきやすいところや悩むところもしっかり把握しています。

そのためそれぞれの薬剤師にぴったりのアドバイスをしてもらえますし、日本調剤の求人に合わせて履歴書の添削や面接への対策をしっかりやってくれます。

 

実際にマイナビ薬剤師で「日本調剤」の求人検索をしてみたところ、692件もヒットしました。

このように、マイナビ薬剤師で公開されている情報から日本調剤の求人を探せるのでチェックしてみてください。

さらにマイナビ薬剤師には非公開求人もありますので、利用登録したら優先的に日本調剤の求人情報を教えてもらうこともできます。

マイナビ薬剤師の口コミ・評判は?求人の特徴や登録の仕方や退会方法について調べてみた薬剤師の転職・求人情報サイトのマイナビ薬剤師を利用して仕事を探したいと考えている人も多いと思います。 マイナビ薬剤師は2017年1...