薬剤師

エスシーグループに転職したい!薬剤師の福利厚生・給料は?求人の探し方と中途採用されるための3つのポイント

「中途採用でエスシーグループに転職したいな」「エスシーグループに再就職したい」と考えている薬剤師の人はたくさんいます。

転職・就職したい気持ちはあるけれど、実際にどうしたらエスシーグループに就職できるのかわからないし、本当に採用されるのか不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、エスシーグループに転職・就職したい薬剤師が、どのように就職活動をすれば採用されるのかについて調べてまとめてみました。

エスシーグループってどんな会社?

会社概要

エスシーグループの会社概要について調べてみました。

名称 株式会社エスシーグループ
所在地 東京都板橋区坂下2-32-23
会社設立 1992年
資本金 5,000万円(グループ全体)
事業内容 地域密着型の保険調剤薬局の運営
従業員数 740名 (男性160名 女性580名) 薬剤師470名

株式会社エスシーグループ公式ページより

設立以来、26年連続で増収を達成している勢いのある会社で、これからも毎年数店舗ずつ店舗を増やしていく計画があります。

店舗が増えても社員同士の交流は多く、風通しのよい社風です。

事業内容

株式会社エスシーグループは関東を中心に98店舗(東京都53店舗・埼玉県29店舗・千葉県12店舗・神奈川県2店舗・宮城県2店舗)を展開する調剤薬局です。

株式会社エスシーグループ公式ページより

年に5~10店舗のペースで店舗を着実に増やしており、人にやさしい薬局づくりを目指し、薬を処方するだけでなく健康づくりのための食事メニューの提案や病気を予防するための知識などの情報提供を積極的にしています。

仕事内容

調剤薬局での調剤業務をおこないます。

在宅専門薬局もあるので、訪問して薬を処方したり、服役指導などもおこなうこともあります。

離職率は低く、新卒の3年定着率は94.2%です。

勤務地

勤務エリアの希望を出せるエリア制のため、本人の希望にあわせて決定され、転勤はありません。

残業時間

月平均の残業時間は0時間です(2017年度実績)。

会社をあげて残業が発生しないように取り組んでおり、営業時間から1時間余裕をもってシフトを組んでいます。

平均有給休暇取得日数

平均10.5日(2017年度実績)

研修制度

中途採用でも研修がしっかりしており、スキルアップをできる環境が整えられています。

研修内容は外部委託ではなく社内で企画・実施されているので、実践的ですぐに役に立つ内容になっています。

スキルアップ研修、フォローアップ研修、店舗勉強会、e-ラーニング、運営会議、委員会、社内コミュニティなどの多くの研修や、社内でコミュニケーションや意見交換を活発に行っています。

管理薬剤師になる前にはアドバンスセミナーに参加して、会社の経営理念や管理薬剤師としての業務の取り組み方などを学ぶことができます。

エスシーグループの福利厚生は?

育児休暇は、子どもを保育園に預けられない場合は3歳まで延長することができます。

育休からの復帰後は、育児短時間勤務制度があるので勤務時間を短くして働くことができます。

また、介護休暇の制度もあります。

エスシーグループで働く薬剤師の給料・年収は?

薬剤師の大手転職サイトであるマイナビ薬剤師の求人情報から、 エスシーグループで働いた場合の薬剤師の給料と年収について調べてみました。

中途採用(正社員):
【月収】20.0万円~36.0万円以上
【年収】404万円~580万円モデル年収(24歳~55歳)

パート:【時給】2,000円~

ボーナスは年に2回支払われ、2018年の実績は給与の4ヵ月分でした。

正社員の場合の給料や年収は経験や年齢によって変わってきますので、しっかり自分の経験を面接時にアピールできれば希望どおり年収アップをすることも十分可能となります。

パート・アルバイトの場合は、仕事をする時間帯や店舗によって時給が変わってきます。

シフトが入りにくい時間帯や、土日祝日の勤務は時給が高めに設定されていることがほとんどなので、パート・アルバイトでも、時給が高い時間帯を狙って仕事をすれば効率よく稼ぐことができます。

薬剤師がエスシーグループに採用されるための3つのコツ

まずは応募しようと思っているエスシーグループの職場がどのようなところなのか、面接前に確認することが大切です。

実際にエスシーグループの店舗へと足を運んで店員の働いている様子を観察してみましょう。

店内の様子や働いている人の表情が生き生きとしているのかなどを事前に見ることで、実際に働き始めた時に理想と現実とのギャップで悩むことはありません。

そして、エスシーグループへの就職・転職を成功させるためには次の3つのポイントを押さえましょう。

  • 応募先の会社が何を求めているのかを把握する
  • 自分のどんな経験が活かせるのかを考える
  • 情報収集をしっかりする

エスシーグループがどんな人材を求めているか把握する

まずは応募先のエスシーグループがどんな人材を求めているのかをしっかり把握することが大切です。

エスシーグループが求めている人材を理解していれば、企業との面接時に自分をどう魅せればよいかという戦略を立てることができます。

応募先の会社が求めていないポイントをアピールしても意味がないですし、それでは採用されるのはとても難しいです。

だからエスシーグループが求めている人材像をしっかりわかった上で履歴書や面接対策をすることがとても重要なのです。

自分のどんな経験が活かせるのかを考える

中途採用でエスシーグループに転職・就職したいのであれば、薬剤師としての今までの経験を新しい職場でどのように活かすことができるのかについて考えることが重要です。

これまで薬剤師として働いてきた自分の知識やスキルをまとめて、その自分の経験を新しい職場でどのように活かすことができるのかを面接でしっかりアピールできるようにしましょう。

情報収集をしっかりする

エスシーグループへの転職・就職を成功させるためには情報収集をしっかりすることが大切です。

人気の求人情報は公開されると応募が殺到します。

人気のエスシーグループの求人はすぐに募集を締め切られてしまうことが多いので、求人情報には常にアンテナを張っておく必要があります。

希望する求人情報が出たらすぐに情報をキャッチできる状態にしておかないと「知らないうちに募集が終わっていた」という残念なことになってしまいます。

転職エージェントを利用して転職・就職活動を始めよう

自分ひとりだけで転職・就職のために必要な情報収集をするには限界があります。

効率よく情報収集するためには、転職エージェントの力を借りましょう。

転職エージェントでは、一般に公開してない非公開求人の情報を持っていて、非公開求人はかなり条件が良いことがほとんどです。

転職エージェントへの利用登録をしておくと、非公開求人を他の求職者よりも優先的に知ることができるため、いち早く求人に応募することができます。

また、転職エージェントでは応募先の会社へ提出する履歴書を添削してもらえたり、面接対策をしてもらえるので、自信をもって面接に臨むことができるようになります。

それから、自分からは言い出しにくい給料アップなどの交渉についても、転職エージェントを通じて企業へと打診することもできるので、より良い条件で働ける可能性が高くなるのです。

エスシーグループへの転職・就職を成功させるならマイナビ薬剤師に相談しよう

エスシーグループへの転職・就職を成功させたいと思う人に特におすすめの転職エージェントはマイナビ薬剤師です。

  • エスシーグループの求人情報がある
  • 他の薬剤師転職エージェントよりも求人数が群を抜いて多い
  • 転職サポート力がとても強い
  • 職場の内部事情を把握している

マイナビ薬剤師はほかの転職エージェントよりも取り扱い求人数がとても多く、エスシーグループの求人数だけでみても、数ある転職エージェントの中で一番多いです。

実際に多くの薬剤師をエスシーグループへと内定させた実績もあるので、エスシーグループに転職・就職したい薬剤師が必ず押さえるべきなのはマイナビ薬剤師だといえます。

たくさんの薬剤師の転職・就職を成功させている経験から、マイナビ薬剤師では薬剤師がエスシーグループへ応募するときにつまずきやすいところや悩むところもしっかり把握しています。

そのためマイナビ薬剤師を利用すればそれぞれの薬剤師にあわせたアドバイスをしてもらえますし、エスシーグループの求人に合わせて履歴書の添削や面接への対策のサポートをしてくれます。

また、企業の内部情報にも詳しいので、職場の雰囲気や実際に残業時間はどれくらいなのかなどの求人情報に書かれていないような情報も応募前に知ることもできます。

 

実際にマイナビ薬剤師で「エスシーグループ」の求人検索をしてみたところ、139件もヒットしました。

このように、マイナビ薬剤師で公開されている情報からエスシーグループの求人を探せるので一度チェックしてみてください。

さらにマイナビ薬剤師はWEB上に出していない非公開求人もあります。
利用登録した人だけ知ることができるエスシーグループの非公開求人情報を教えてもらいましょう。

マイナビ薬剤師の口コミ・評判は?求人の特徴や登録の仕方や退会方法について調べてみた薬剤師の転職・求人情報サイトのマイナビ薬剤師を利用して仕事を探したいと考えている人も多いと思います。 マイナビ薬剤師は2017年1...