主婦だから悩む

仕事の付き合いの飲み会が面倒な人のための上手に断る3つの方法

仕事をしていたら、なにかと誘われるのが仕事の付き合いの飲み会です

仕事とは直接の関係はないけれど、コミュニケーションをとるために会社の上司、同僚、後輩などから付き合いで飲み会に誘われたことは誰でも経験があると思います。

人間関係を良好に保つためには、実際の業務以外で仕事の付き合いも大切なことはわかるのですが、仕事の付き合いの飲み会が苦手な人も多いですよね。

この記事では、仕事の付き合いの飲み会が面倒な人のための上手に断る3つの方法についてまとめてみました。

なぜ苦手なの?仕事の付き合いの飲み会

なぜ仕事の付き合いの飲み会が苦手でストレスに感じる人が多いのでしょうか。

仕事とプライベートをきっちり分けたいから

仕事の付き合いが苦痛に感じる大きな理由は、せっかく仕事から解放されたオフな時間なのに、仕事の付き合いで会社関係の人と一緒にいたらリラックスできないからです。

仕事とプライベートはきっちり分けた方がリフレッシュできるし、楽しめると考えている人に仕事の付き合いの飲み会が苦手な人が多いかもしれません。

人づきあいがあまり得意ではないから

仕事の付き合いの飲み会苦手なのは、そもそも人づきあいがあまり得意ではないからという人も多いです。

人づきあいがあまり得意ではない人は、一緒にいる人に気を使いすぎて自分のやりたいことがやれないストレスがたまって疲れてしまうという特徴があります。

家族との時間を大切にしたいから

家族との時間を大切にしたいから、仕事の飲み会が面倒だと思う人も多くいることでしょう。

仕事終わりは早く家に帰って家族団らんの時間を持ちたいなら、終電近くまで帰れなくなる飲み会はしんどいかもしれません。

飲み会の雰囲気が苦手

そもそも飲み会の雰囲気が苦手だという人もいることでしょう。

お酒が飲めない人が、飲み会の始めた雰囲気を苦手に思うことは多いですし、お酒を普段飲む人でも一人でゆっくり飲みたい人もいます。

仕事の付き合いの飲み会を上手に断る3つの方法

仕事の付き合いの飲み会が苦手な人が、上手に断るためにはどうしたらよいのでしょうか。

できれば人間関係を損なわないように断って、仕事に差し支えがでないようにしたいものです。

残念な気持ちをにじませる

「本当は行きたかったのに、残念!」という気持ちをにじませると、人間関係を損ねずに仕事の付き合いの飲み会を断ることができます。

飲み会のお誘いがあったらまずは「楽しそう!行きたい!」と言ってから「でもその日は・・・」と用事があって行けない理由を続ければ、本当は行きたくないとは悟られないはずです。

参加できない理由をぼやかせる

仕事の付き合いの飲み会を断るのも、理由がないと断りづらいですよね。

でも、「身内に不幸があって」とか「○○の用事で」とかウソをでっちあげてしまうと、後々ウソがばれてしまってときに大変です。

だから、

  • ちょっと用事があって・・・
  • 家庭の事情で・・・

などと、具体的な理由ではなく、すこしごまかした言い方がオススメです。

もし突っ込んで聞いてくる人がいても

「ちょっと、いろいろありまして・・・」と濁せば、それ以上聞いてくる人はほとんどいないでしょう。

3回に1回のペースで断ってみる

仕事の付き合いの飲み会をいつも断ってしまうと、「あいつは付き合いが悪い」とレッテルを貼られてしまいそうで心配、という人は時々行けないフリをするのがオススメです。

最初は3回に1回のペースで断ってみて、相手の反応を見てだんだん断るペースをあげてみるのも良いかもしれません。

仕事の付き合いが断れない人にオススメの働き方

どうしても仕事の付き合いの飲み会が断れなくて困っている人は、思い切って派遣として転職するのもいいかもしれません。

派遣として働けば、正社員として働くよりもドライな人間関係を保つことができます

派遣では働く期間が決められていますので、仕事の付き合いで飲み会に誘われることはほとんどありません。

働く契約期間が満了すればまた次の職場に移るので、社員と深い付き合いをすることはありません

もしも仕事の付き合いの飲み会への参加を求められた場合は、派遣会社のスタッフを通しを断ることもできます

仕事の付き合いの飲み会が苦手な人におすすめの派遣会社はリクルートスタッフィングです。

リクルートグループのノウハウを活かした業界王手の対応で、人づきあいの苦手なあなたの代わりに、派遣先とのコミュニケーションをとってくれます。

仕事の付き合いの飲み会がまったくない働き方をしたいと思っているなら、今すぐ利用登録して求人情報をチェックしてみましょう。

良い条件の求人は公開されたらすぐに応募が殺到して募集が締め切られてしまうことがほとんどです。

気持ちと時間に余裕がある今のうちに、早め早めに動くのが転職を成功させる秘訣です。

仕事を変えて、仕事の付き合いの飲み会のないストレスフリーな生活に変えましょう。


リクルートスタッフィングをもっと詳しく