薬剤師

川崎市で薬剤師の求人を探す前に知っておきたいポイントと転職サイトの正しい選び方

川崎市で薬剤師として働きたい人で、どうやって求人情報を集めたらよいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、川崎市で薬剤師として働きたい人が就職活動を成功させるために、薬剤師の求人を探す際に必ず知っておくべきこと転職サイトの正しい選び方についてまとめてみました。

これから川崎市で薬剤師の求人を探す人はぜひ参考にしてください。

今すぐ川崎市の薬剤師求人の正しい選び方を知りたい人はコチラ(記事下にジャンプ)

川崎市で働く薬剤師の年収・給料は?

川崎市で働く薬剤師の年収はどのくらいなのでしょうか。

薬剤師専門の転職サイトである薬キャリが運営している薬キャリ職場ナビの「都道府県別 薬剤師年収ランキング(2018年版)」は次のとおりです。

薬キャリ職場ナビより

このように、川崎市のある神奈川県の平均年収は533.3万円の第20位となり全国平均よりも10.5万円低いことがわかります。

神奈川県で働く薬剤師の年収が全国平均を下回っているのはなぜなのでしょうか。

それは、人口10万人に対する神奈川県の薬剤師数は全国平均よりも多く、神奈川県には薬剤師がたくさんいるからだとわかります。

神奈川県川崎市で働く薬剤師数

なぜ神奈川県ではたらく薬剤師の給料は低いのか、さらに神奈川県川崎市で働く薬剤師の実態をさらにひもとくために、厚生労働省のデータ「平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」から数字で読み解いていきます。

神奈川県川崎市で働く薬剤師の数を調べてみました。

薬剤師の人数 人口10万人に対する薬剤師数
全国 301,323 237.4
神奈川県 22,104 241.7
横浜市 9,565 256.4
川崎市 3,520 236.4

神奈川県全体でみると人口10万人に対する薬剤師数は全国平均よりも多いですが、川崎市で働く薬剤師の数は全国平均より少なくなっています。

神奈川県の中でも最大都市の横浜市には、川崎市の約2.7倍の薬剤師がおり、横浜市の人口10万人に対する薬剤師数も多いため横浜市で働く薬剤師の年収は低く、横浜市で働く薬剤師の年収の低さが神奈川県全体の年収を押し下げているということがわかります。

そして、年収の低い横浜市と川崎市は隣り合っていて近いこともあり、川崎市で働く場合も横浜市で働く場合と年収は大して変わりありません。

というわけで、川崎市で働く薬剤師は全国平均よりも年収が低いということがわかりました。

神奈川県川崎市の薬剤師が働く業種・勤務先

厚生労働省のデータより、川崎市の薬剤師は実際にどこで働いているのかについてグラフにまとめてみました。

川崎市の薬剤師の就労先の特徴は、調剤薬局で働いている人の割合が多いということです。

川崎市の良質な薬剤師求人を探すなら情報収集が大切

年収が低い川崎市で薬剤師求人を探すなら、給料の高いドラッグストアの仕事を狙うのがおすすめです。

 

給料が高いことも仕事を探す上で大切なポイントですが、働きやすさという点に注目することも重要なポイントです。

女性が働きやすい職場を探すためのポイントは次のとおりです。

  1. 人間関係が良い
  2. ワークライフバランスが整っている
  3. 福利厚生が充実している

職場でしっかりコミュニケーションが取れていれば、職員同士が良い人間関係を築くことができて仕事をしていても楽しく感じることが多いでしょう。

また、いくら高額の給料をもらえても残業が多ければ家庭と仕事を両立させるのは難しくなります。
子どもの急な病気で仕事を休まなければならなくなった時にも柔軟に対応してもらえるか、子どもの学校行事に理解がある職場だと働きやすいです。

それから、福利厚生が充実していることも働く上での満足度があがり、仕事に対するモチベーションアップにもつながります。
特に出産や育児に対するサポート体制がしっかりしていると女性の働きやすさにつながります。

パート・アルバイトで働く場合でも、正社員の福利厚生が良い会社を選ぶのが正解です。

パートでは制度が利用できなくても、一緒に働く社員が気持ちよく働いていれば余裕が生まれてパートでも働きやすい職場になっていることがほとんどだからです。

このように、川崎市でいい仕事を探したいと思ったら気を付けなければならないことがたくさんあり、そのための情報収集が大切だといえます。

川崎市の薬剤師求人情報を効率よく収集するために、転職サイトを上手に利用しましょう。

ひとりで情報を集めるのは大変ですが、転職サイトは薬剤師が知りたい情報を持っていたり、わからないことは代わりに調べてくれます。

それに転職エージェントを利用すれば無料で次のサポートが受けられます。

  • 希望に沿った求人を提案してくれる
  • 求人情報だけではわからない職場の内部情報を教えてくれる
  • 採用に向けて履歴書の添削や面接対策をしてくれる

転職エージェントを上手に利用すれば短期間で効率よく転職・就職を成功させることができます。

川崎市の薬剤師求人を探すなら必ず登録すべき転職サイト

川崎市で薬剤師求人を探すなら、川崎市の薬剤師の転職・就職に強い転職エージェント・転職サイトを利用すべきです。

次に、主な5つの薬剤師専門の転職エージェントの川崎市の取り扱い求人数を一覧にまとめてみました。

この5つの転職エージェントは取り扱い求人数がトップクラスで口コミ評判も良いところばかりなので、この中から利用する転職エージェントを決めれば間違いありません。

マイナビ
薬剤師
薬キャリ アプロ・
ドットコム
リクナビ
薬剤師
ファルマ
スタッフ
川崎市の
公開求人数
(全体)
604 962 874 526 1,373
正社員 542 804 346 491 580
派遣 0 108 226 0 348
パート・
アルバイト
281 300 291 423 445
調剤薬局 392 865 617 380 1,079
ドラッグストア
(OTCのみ)
121 12 181 27 85
調剤薬局
+OTC
63 46 148 106 167
病院・
クリニック
25 34 1 26 37
企業 0 3 0 1 0
川崎市での
拠点の有無

(横浜市)
 ー
(横浜市)
川崎市での
サポート体制
対面
(横浜市)
 ー 電話 電話 対面
(横浜市)

(2019年7月時点)

このようにまとめてみた表で比べてみてわかった、神奈川県川崎市で雇用形態別・業種別のおすすめの転職サイトは次のとおりです。

取り扱い求人数の多い順にピックアップしていますので参考にしてください。

川崎市で雇用形態別に薬剤師求人を探すなら

川崎市で正社員の薬剤師求人を探すなら

  1. 薬キャリ
  2. ファルマスタッフ

川崎市で派遣の薬剤師求人を探すなら

  1. ファルマスタッフ
  2. アプロ・ドットコム

川崎市でパート・アルバイトの薬剤師求人を探すなら

  1. ファルマスタッフ
  2. リクナビ薬剤師

川崎市で業種別に薬剤師求人を探すなら

川崎市で調剤薬局の薬剤師求人を探すなら

  1. ファルマスタッフ
  2. 薬キャリ

川崎市でドラッグストア(OTCのみ)の薬剤師求人を探すなら

  1. アプロ・ドットコム
  2. マイナビ薬剤師

川崎市で調剤薬局+OTCの薬剤師求人を探すなら

  1. ファルマスタッフ
  2. アプロ・ドットコム

川崎市で病院・クリニックの薬剤師求人を探すなら

  1. ファルマスタッフ
  2. 薬キャリ

川崎市で企業の薬剤師求人を探すなら

  1. 薬キャリ
  2. リクナビ薬剤師

自分の希望に合わせた川崎市の薬剤師求人数が多い転職サイトを利用するのが、正しい転職サイトの選び方です。

転職サイトによって取り扱い求人が異なるので、2~3つの転職サイトを利用するとより多くの求人情報の中から自分にピッタリ合った仕事を探しやすくなります。

また、転職活動が初めてだったり、ブランクが長すぎて就職活動が不安な人は同じ神奈川県内である横浜市の拠点でしっかり面談をしてくれるマイナビ薬剤師ファルマスタッフをあわせて利用すると安心です。