在宅ワーク

在宅ワークでライターの収入は?初心者にもおすすめの求人の探し方と稼ぐ方法についてまとめてみました

在宅でできる仕事のうちのひとつのライティング
在宅でライターの仕事をしてみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

ライターになれれば家で仕事ができるので、主婦にとっては嬉しいですよね。

うまく時間をやりくしりながら、家事や育児のあいまのすきま時間で仕事ができるので、子供が小さくて外に働きに出ることが難しい人にはありがたいことです。

「でもライティングの仕事って大変そう。」
「本当に稼げるのかな?」
「どうやったら主婦でもライティングの仕事ができる?」

などと不安に思っている人も多いかもしれません。

この記事では、在宅ワークでライターって稼げるのか、収入はどのくらいなのか、初心者でもおすすめのライターの求人の探し方についてまとめてみました。

そもそも在宅ライターの仕事って?

そもそもライターの仕事ってどんな仕事なのでしょうか。

ライターとは、ずばり「文章を書く」のが仕事です。

取材や資料などから情報を集めて、依頼された目的のために文章を書く。

最近ではWEBの集客のための記事が必要とされていて、具体的な体験談やブログ記事の代筆など、自分の身近なことを文章にまとめて書くことのニーズが増えてきています。

自分の好きなことで、自分は当たり前だと思っていることでも、世間では意外と知らない人が多いことも。

そういう自分の好きな分野や知識のある事についての文章について書くのであれば、誰でもライターの仕事はできる時代になっているといえます。

また、主婦目線の文章は主婦でしかうまく書けません。

社会人の男の人が主婦目線の文章を書こうとして、聞いたことを参考に書いたとしても、それは想像であったりうわべだけの薄っぺらい文章になってしまいます。
主婦にはかないません。

そういう何気ない自分だけの知識を文章にすることで報酬がもらえるのがライティングの仕事です。

在宅ライターに学歴は必要?専門性は必要?

ライターの仕事には学歴は必須ではありません。

ただ、専門的に詳しいことがあれば、その分野での文章を書ける人は少ないので
報酬が高い仕事をすることができます。

そういう意味では、何かしらの専門分野があった方がレアな文章が書けて稼げるといえます。

在宅ライターに必要な資格って?

ライターに必要な資格はありません。

資格は必要ありませんが、「読まれやすい文章を書く」というスキルが必要となります。

だから特に資格がない人でも、ライターの仕事を始めることができるのです。

在宅ライターの仕事に向いているのはこんな人

ライターの仕事に向いているのは、

  • 文章を書くのが好きな人
  • 一人でコツコツ作業をするのが好きな人
  • 向上心のある人

です。

わからないことがあったら自分で調べたり、丁寧な文章を書く努力ができる人が在宅ライターの仕事が向いていると言えます。

在宅でのライターの仕事は職歴になるのか

もしもライターの仕事から、一般企業に就職をする道を選んだ場合に在宅でのライターの仕事は職歴になるのでしょうか。

次にどんな仕事をめざして就職活動をするかによりますが、ライターに関連する仕事であれば、履歴書に書いてもかまいません。

何も仕事をせずにダラダラしていたのではなく、実際にライターの仕事に取り組んで努力していた姿勢は評価されるでしょう。

だから今は外に働きに出ることができない人でも、ブランクを埋めるために一時的に在宅のライターになるのもひとつの方法だと言えます。

初心者でもおすすめ在宅ライターの仕事の探し方

在宅ライターの仕事はどこで探したらよいのでしょうか。

個人が在宅ライターの仕事を見つけるには、クラウドソーシングの以下のサイトが有名です。

効率よく在宅ライターの仕事をこなすためには?

初心者が在宅ライターの仕事を始めようと思っても、初めはどうしていいのかわからないかもしれません。

最初は、簡単な短文のアンケートなどから文章を作成する練習を繰り返し、徐々に単価が高くて長時間かかるような文章を作成する仕事を請け負うのがよいです。

最初は1記事あたり文字数の少ない案件を数多くこなしましょう。
数多くこなして経験を積むことがポイントです。

簡単な案件は、報酬が低いです。
そして初心者は文章を書くのに慣れてないので、とにかくライティングに時間がかかります。

時給換算にすると最低賃金を割り込むこともあるでしょうが、最初は時給換算は気にせずとにかく数をこなしていきましょう。

そして仕事をこなして文章を書いてまとめる経験を積んでいくうちに、徐々に文章を書くスピードが速くなってきます。

慣れてきたら、文字数の多い案件に取り組んでみましょう。

文字数の多い案件の方が報酬が高めに設定されています。

在宅ライターの仕事って稼げる?収入は?

在宅ワークでライターの仕事は稼げるのでしょうか。

ライターの仕事で稼げるかどうかは、自分の努力と実力次第だと言えます。

実力をつけて定期的に仕事をこなせば、サグーワークスで月に70万以上稼ぐ人もいます。

詳しくは次項目で説明します。

稼げる在宅ライターになる方法

本を読んでライティングの仕方を勉強する

文章力を向上させるための本はいくらでもあります。

隙間時間や休憩時間にライティングに関する読書をすることで、文章力を向上させるヒントが見つかるでしょう。

ライティングを学べるサグーワークスのプラチナライターテスト

読書でライティングの勉強をするのも良いですが、もっと効率よくライティングを学ぶ方法は、サグ―ワークスで学ぶことです。

サグーワークスとは、国内最大級の記事作成特価型クラウドソーシングです。

つまり、ライティングの仕事を専門に取り扱っているので、個人のライターが仕事を探すことができます。

サグーワークスでライティングの仕事を探すのも良いですが、それよりも良いのはライティングが学べるプラチナライターテストを受けることです。

 

サグーワークスで行っているプラチナライターテストを受けると、不合格の場合でも自分が書いた文章を添削してくれるので、ライティングのスキルアップにもつながります。

サグーワークスのプラチナライターテストは何度でも受けられます。
何度も挑戦してライティングのスキルアップをめざしましょう。

 

もしサグーワークスのプラチナライターテストに合格することができれば、より報酬の高い案件に取り組むことができます。

在宅ライターとしてでがっつり稼ぐことも夢ではありません!

プラチナライターでは2018年になんと月715,342円を稼いだ人もいます。

 

在宅ライターの仕事でゆくゆくは正社員なみ、いやそれ以上の報酬がもらえるなんて素敵ですね!

何度でもチャレンジできるプラチナライターテストをやってみましょう。
このテストがあなたが在宅ワークで30万円以上を稼ぐきっかけとなりますよ!

【サグーワークス】で稼ぐ⇒⇒