主婦だから悩む

専業主婦って虚しいかも。子育てや家事で毎日の生活が辛いときに試してほしい7つのこと

管理人
管理人
こんにちは!元専業主婦のマナミです。

専業主婦って大変ですよね。

子育て中の専業主婦で「虚しいな」という想いを抱えている人もたくさんいるのではないでしょうか。

この記事では、専業主婦であることが虚しく感じたときに試してほしい7つのことを紹介していきます。

\虚しい気持ちは電話で吐き出そう/


身近な人に言いづらい虚しい気持ちは【電話占いヴェルニ】に打ちあけてみてください。

「占い」という名前ですが何でも相談できる電話相談です。抱え込んだ胸の内をさらけ出せば、それだけで心が軽くなります。

しかも相手は相談ごとのプロなので、気持ちが楽になるヒントが見つかるはずです。今すぐ虚しさを手放す⇒

 専業主婦が「虚しい」と感じる理由とは

ふとしたときに「虚しい」と感じてしまう専業主婦は多いですよね。

子どもはかわいいし、経済的に不自由もしてなくて幸せなんだけれども、虚しさをぬぐえきれない専業主婦はたくさんいるのではないでしょうか。

専業主婦が「虚しい」と感じてしまう理由を考えてみました。

忙しくて自分の時間がぜんぜん取れないから

専業主婦が虚しいと感じる理由の1つめは、忙しくて自分の時間が取れないからです。

毎日子育てや家事に忙しすぎて、自分の時間が取れないと、なんで自分のやりたいことが何もできないまま1日終わるんだろうって虚しくなりますよね。

特に、子どもが生まれたばかりの乳幼児がいる専業主夫だとたいへんです。

24時間体制で赤ちゃんの世話をしなければならなくて、2・3時間おきの授乳、おむつ替えために夜も昼もまともに寝られず睡眠時間もろくに取れません。

個人差はありますが、しょっちゅう赤ちゃんに泣かれて休む時間もないので、身体ともにボロボロになります。

子どもが2人、3人いたら、赤ちゃんだけではなくて上の子の面倒も見なければならないので、本当に大変ですよね。

赤ちゃんの世話をしつつ、上の子の赤ちゃん返りに対応しつつ、トイレトレーニングしたり、合間に食事の準備などの家事もやりつつ・・・。

修行のような毎日です。

管理人
管理人
私も経験がありますが、思い出すだけでも辛い・・・。

家事育児をしても評価してもらえないから

専業主婦が虚しいと感じる理由の2つめは、家事育児をしても評価してもらえないからです。

専業主婦は家事・育児をやるのが当たり前だと思われていて、完璧にやったとしても評価してもらえませんし、いくら頑張っても報酬はありません。

たとえ家族に感謝の言葉を言われなくても、子どもが反抗期だとしても、決まった時間に食事の準備をするしかありません。

食事の準備をしていても急に夫から「夕飯いらない」と言われたりもします。

専業主婦が子育てや家事を必死になってやっていても、誰にも評価してもらえないと「なんで私がやらないといけないんだろう」と虚しい気持ちになってしまいますよね。

逆に、家族がねぎらいや感謝の言葉をかけてくれる家庭であれば、心が満たされて虚しいとは思いにくいでしょう。

自分のやりたいことを我慢しているから

専業主婦が虚しいと感じる理由の3つめは、自分のやりたいことを我慢しているからです。

やりたいことを我慢している専業主婦は多いのではないでしょうか?

専業主婦は、自分のやりたいことは後回しにして家庭のことを第一に考えて行動しています。

例えば結婚前に夜遊びをしていた人でも、子どもがいたら子供中心の生活になりますし、さすがに夜遊びは卒業して、夜は家庭で過ごしますよね。

それなのに夫だけ独身のときの気ままなふるまいをされたら、「なんで私だけ自分のやりたいことを我慢しなければならないのだろう」と虚しさを感じてしま人もいることでしょう。

例えば、夫はいまだに独身気分で、次のようなことをやっていたりしないでしょうか。

  • いつも土日に友人と遊びに出かけてしまう
  • 子供の相手をまったくしてくれない
  • 趣味にお金をかけすぎている

夫だけが気ままに好きなことをしていたら怒りがこみ上げるのは当然ですし、自分だけがやりたいことを我慢していて自分を犠牲にしている「専業主婦の私ってなんなんだろう」と虚しく思ってしまうのも仕方がないことです。

狭い人間関係の中で生きているから

専業主婦が虚しいと感じる理由の4つめは、夫・子どもという狭い人間関係の中で生きているからです。

学生時代の友人と疎遠になってしまった人も多いのではないでしょうか。

仲良くなれたママ友がいても、子どもの進級・進学と共に働きに出る人が増えて、しだいにママ友とも疎遠になってきている人もいることでしょう。

そうすると、専業主婦の世界は家庭だけです。

だから家庭内のちょっとしたことが気になるし、ストレスに感じやすいのかもしれません。

そして、家庭内で毎日繰り返される家事・育児の単調な生活に飽きてきているのかもしれません。

専業主婦はいつかは報われる日が来る!

今は「専業主婦が虚しい」と感じていても、いつの日か感謝されたり、「専業主婦は良かったな」と振り返る日は必ず来ます。

  • 自分が病気で家事ができなくなった時
  • 経済的理由で仕事を始めた時
  • 子どもが家を出て一人暮らしを始めた時
  • 子どもが結婚したとき

失ってから幸せに気づくことって多いものです。

例えば、自分が入院することになったら、家族はあなたがいないことに不便を感じ、いつも家事をして家庭を快適に保ってくれたことへの感謝の気持ちを持つでしょう。

自分が仕事をし始めたら、専業主婦の毎日は単調だったけど平和で幸せだったなと感じるでしょう。

子どもが一人暮らしを始めたら、家事の大変さに気づくでしょう。

具合が悪くてもいつも食事の準備をしてくれた母親のあなたを思い出し、感謝するでしょう。

掃除・洗濯で家を整え続けてくれていたあなたに感謝するでしょう。

子どもが結婚して家庭をもって親の立場になったら、今までのあなたの行いに感謝するでしょう。

もしも今だれからも感謝されていなくても、いつの日か感謝される日は来ます。

誰にも感謝されなくても、家族のために家事育児をし続ける専業主婦は、究極の慈善事業のようでこれほど尊い行いはないかもしれません。

管理人
管理人
つまり、専業主婦はすばらしいってことです!

専業主婦が虚しいと感じたときに試したいこと7つ

管理人
管理人
今まで専業主婦としてがんばってきたあなたに、元気になってほしいです。

専業主婦が虚しいと感じたときに、どうしたらよいのでしょうか。

専業主婦が虚しいと感じた時には次の7つのことを試してみて、少しでも気持ちを楽に持ちましょう。

夫に専業主婦の虚しい気持ちを話してみる

専業主婦が虚しいと感じたときに試してほしい1つめは、夫に自分の気持ちを伝えることです。

専業主婦の自分が虚しさでいっぱいで辛い思いをしていることを、言葉にして夫に伝えてみましょう。

男の人は、はっきり言葉にして伝えないと分かってくれません。

雰囲気で自分の不満を察してもらおうとしても時間の無駄ですし、たぶんあなたの夫は、あなたが辛い思いをしていることも認識してないのではないでしょうか。

夫が原因で虚しさを感じているのであれば、話し合うことで行動を改善してもらえるかもしれません。

すぐには解決策が見つからなくても、自分が専業主婦に虚しさを感じていることを夫がわかってくれただけで少し気持ちが落ち着くものです。

「夫には言いにくいよ」という人もいると思いますので、その場合は次の方法を試してみてください。

他人に専業主婦の虚しい気持ちを打ち明ける

専業主婦が虚しいと感じたときに試してほしい2つめは、他人に専業主婦の虚しい気持ちを打ち明けることです。

家族以外の人に、自分の虚しい気持ちを打ち明けてみましょう。

同じ立場の専業主婦の人だと共感してもらいやすくて、話すと楽な気持ちになるかもしれません。

でも中には、相談できる人がいなかったり、自分の気持ちをさらけ出すのが恥ずかしい、という人もいることでしょう。

そういう場合に便利なのが、電話でいつでも相談できる【電話占いのヴェルニ】です。

電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結
  • AM9:00~翌AM5:00まで毎日いつでも相談できる
  • 「電話占い」という名前だけど「電話相談」
  • 顔が見えないので自分の気持ちをさらけ出しやすい
  • 電話だけでなく、メールで相談もできる

相談する先生の選び方は、自分と似た悩みの人の口コミを参考にしたり、悩み別検索の機能を使ったり、スタッフに紹介してもらうこともできます。

ちなみに、こんな口コミがあります↓

このように、「元気になれた」とか「明るくなれた」とかの口コミのある先生を探すと良いでしょう。

有料にはなりますが、今なら新規登録特典として最大2500円分が無料となり、虚しい気持ちを手放せて気持ちが楽になるので試してみてはいかがでしょうか。

今すぐ虚しい気持ちを手放す⇒

自分のご褒美デーを作る

専業主婦が虚しいと感じたときに試してほしい3つめは、自分のご褒美デーを作ることです。

最低限の家事・育児だけやって、その日は自分の好きなことをして過ごすのです。

オシャレして街へ繰り出し、ショッピングするのもいいですし、カフェで好きなメニューを頼んでもいいですし、何でも自分のやりたいことをするのです。

「そんな自由になるお金はないよ」という人は、お金を使わなくてもできる、自分がやりたいことをやりましょう。

ただひたすらのんびりするのでもOKですし、夕飯のメニューを自分の一番好きな献立にする、好きなジャニーズのYoutubeをひたすら見るとか、何でもいいのですが自分の気持ちを優先させる日にしましょう。

なにをやろうかな、とちょっとワクワクしてきませんか?

でも中には「やりたいことが思いつかない・・・」という人は、自分の好きなことを思い出すことから始めましょう。

自分の好きなことを思い出す

専業主婦が虚しいと感じたときに試してほしい4つめは、自分の好きなことを思い出すことです。

自分のことは後回しにしてきた専業主婦にありがちなのは、子どもや家族のことばかり考えてきたので自分の好きなことを忘れてしまっていたりします。

そういう人は、ちょっと過去にさかのぼって思い出してみましょう。

  • 自分がワクワクした経験
  • 楽しかった旅行
  • 結婚する前に何に打ち込んでいたか
  • 学生時代に何に打ち込んでいたか
  • 子どものころ好きなことはなんだったか
  • 子どもの頃の習い事

親に電話してみたら、昔の話をしているうちにふと思い出すこともあるでしょう。

なかなか思い出せなくても、大丈夫です。

長い人生の中ではそういう時期もあります。

自分の好きなことを思い出せたら、少しずつ生活の中に取り込んで、好きなことをやる時間をつくっていきましょう。

過去にやっていたことでもいいですし、過去にやりたかったけどできなかった「自分の好きなこと」を始めてみるのも楽しいでしょう。

SNSで日々を記録する

専業主婦が虚しいと感じたときに試してほしい5つめは、SNSで日々の楽しいことを記録することです。

自分の生活の中で、「ちょっと楽しい」と感じたことがあれば、その「ちょっと楽しい」をSNSで記録してみましょう。

Facebook、インスタ、ツイッターなど、何を使うのかは自分が使いやすいのを選べば何でもOKですし、できる人はブログを開設してもいいかもしれません。

身近なところであれば、掃除のビフォーアフター、今日の料理・弁当、ベランダ菜園など、

外出先であれば、カフェ写真、お出かけ写真、旅行写真などですかね。

「ちょっと楽しい」「上手にできた」という写真などをSNSで日々記録していけば、あとから振り返ったときに楽しい気持ちをまた味わえて幸せな気持ちになれます。

また、自分の投稿を見た人からコメントやいいねがもらえると、それがまた嬉しかったりします。

習い事を始めてみる

専業主婦が虚しいと感じたときに試してほしい6つめは、習い事を始めることです。

習い事をして新しい知識が増えたり、できることが増えるのは大人になっても楽しいことです。

近所でやっている音楽教室、料理教室などでもいいでしょうし、専業主婦なら通信講座が便利でしょう。

≫自宅で習い事するなら通信講座⇒

仕事を始めてみる

専業主婦が虚しいと感じたときに試してほしい7つめは、仕事を始めてみることです。

短時間でも仕事をすると生活にメリハリがうまれ、「自分が役に立っている」という充実感を味わえるので、専業主婦の虚しさからは解放されます。

専業主婦が仕事を探すなら派遣登録が使いやすいです。

時短の仕事もありますし、一般のパート・アルバイトよりも高時給だからです。

ただ、主婦が希望する時短の求人はかなり人気ですし、それでいて求人の数は少ないので、少なくても次の2社に登録して、同時並行して求人を探していきましょう。

派遣会社は同時に数社登録するのはまったく問題ありませんし、1社しか登録していない人は少なく、数社登録して仕事を探している人がほとんどです。

マイナビスタッフ

マイナビスタッフ
  • マイナビグループで安心
  • 事務の求人情報が多い
  • 派遣だけではなく、転職支援・人材紹介もあり
  • 本登録はかならず拠点(8ヵ所)

マイナビスタッフに登録して求人を探す⇒

ランスタッド

  • 世界に展開している人材サービス
  • オフィス系派遣の求人が多い
  • 136拠点もある
  • 完全在宅でできる派遣がある(登録も在宅でOK)

【ランスタッド】はマイナビスタッフと同様に女性に人気のオフィス系派遣の求人数が多いです。

マイナビスタッフよりも日本では知名度が低いかもしれませんが、実はランスタッドは世界的に人材サービスを展開していて、日本の拠点は138もあります。

しかも、完全在宅でできる派遣もあるので、自分のライフスタイルに合った求人が見つかりやすいでしょう。

ランスタッドに登録して求人を探す⇒